スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    メタボリックの分類

    • 2010.05.28 Friday
    • 18:14

     肥満に加えて糖代謝異常高血圧、脂質代謝異常が重なった状態をメタボリック症候群といいます。心筋梗塞や脳卒中など、心血管障害の危険因子となる症状を併せ持つ、非常に危険な状態です。精力剤
    心血管障害を発症する予兆であるという点において、メタボリックシンドロームは、未病に位置すると考えます。未病とは、病気になる一歩手前の状態。未病状態から治療を開始します。
    肥満症を疾病として治療する場合、病因病機を、以下のように分類して処方します。
    1.痰湿内薀。痰湿は油っこいもの、甘いものなどの食べ物、酒の飲みすぎにより生じます。痰湿が長期にわたって、内臓や皮下に蓄積すると肥満となります。

    2.お血。お血は、現代病の主な原因の一つです。お血の中には脂肪が含まれており、お血の蓄積はいわゆる脂肪太り と呼ばれる肥満体を作ります。
    治療の際の基本方剤は承気湯であり、さらに活血作用の強い生薬を配合します。

    3.脾気虚弱。脾胃の気が不足すると、脾の運化機能が減退するために、体内に水湿が停滞して肥満を形成します。

    4.ストレスは、万病の元となります。精神的な刺激を受け情緒不安定の状態が続くと、肝気はのびやかに巡ることができなくなります。この肝気鬱結が長引くと血の流れも滞るため血が生じ、肥満症になります。

    5.腎は水を主る水臓です。先天的に腎の精気が不足すると、全身に水が滞り、浮腫んだような肥満体となります。遺伝的な肥満傾向、薬物の副作用による肥満、特に腎虚を原因として考えなければなりません。ペニス増大

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 18:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM