スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    とりあえず、頑張ってみよう

    • 2010.04.07 Wednesday
    • 15:27

    靴箱の惨劇、再び。
    「なんか、可哀相になってきた。」
    「あぁぁ!告白なら直接言って!!」も、不登校になっちゃうよ?グレちゃうよ?
    第一、なんでこんな(主に同性)にモテるんだろう。
    帰宅部だし、交友関係そこまで広くないし(せいぜいクラスメイトとなら挨拶を交わすくらいだ。)、そこまで美人ってわけでもないし。
    『あら、最後のは間違っているわ。イチさんは普通に美少女の部類に入りますもの。』
    真顔でティターニアさんが言った。え、ふつーに照れるんですが。
    「よし!」
    決意しました。たったいま。
    「え、なに?どうしたの。」
    「彼氏、つくる!」新陳代謝
    まぁ、結局は一番の解決方法だよね。今さらだけど。
    「問題はどうやって彼氏を作るかなんだけども。」
    「つか、一番の問題でしょ。」
    その通り。女子校にはリアルに出逢いが無い。無い。
    だからこそ、飢えた少女達の恋文なるものがわたしの下駄箱に集まるのだろう。(まったく迷惑なことだ。誰だ、女子校つくろうって言ったやつ。)
    というか、そもそも精神のとこに他人(ティターニアさん)がいたら、彼氏作るどころじゃないよなあ。即効ダイエット
    「(ティターニアさん)」
    『はい。』
    「(仲直り、協力しても、いいですか。)」

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 15:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM