スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夫婦の間は性欲に不足して、どのように心理の上から克服しますか?

    • 2010.01.06 Wednesday
    • 17:57
    一、夫婦はいつも性生活の感銘を話し合うべきです。人間性の行為の医学専門家のEvelynの?金徳爾博士を研究して言います:“私は私の患者によけいに新婚の時の幸せな情景を回想させます。私は夫妻にいっしょに私に彼らを述べていつ付き合うのが最も良いように求めます。”理知がある激情があって、きわめて親密な親密さは夫婦の情愛のきずなで、更に夫婦の性生活の調和がとれている肝心な点。 福源春(5箱セット)-抵抗するは老衰しています
    二、夫婦の性生活はやさしい心の感情の上で創立するべきです。性科学の専門家はいつも患者がこのように言うことを耳にします:“夫婦の双方完全に理解の後で、性生活が1種の‘そのような事について’の感じがあることに対して、時には甚だしきに至っては嫌になります。”このような現象に対応して、専門家達をつける良い方法は:何分増加するのは親密で、何分の思いやり、何分のやさしさ。幸せで円満な婚姻の標準は性生活の回数のいくらではありませんて、夫婦間の親密な程度です。事実上、注意深くあなたが配偶者の時の原因と親しくしなければならないことを考えてみるのでさえすれば、あなたは不完全に情なことを発見して、配偶者の全部の名残惜しむことと心から愛することに対してです。
    三、夫婦の双方は多く相手のために考えるべきです。性科学の専門家のピットのなんじの?柯のしなやかな採用の1種の“手品を演じます”、彼の患者に悟って偶数の感じを配合させます。たとえば、妻はちょうど事をする時、夫は抱擁の彼女に口づけをします。この時、妻はいつも言います:“やかましくなってはいけなくて、この様子が要りません。”夫はこれに対していつも不満に思って楽しまないで、逆もまた真です。配偶者の夫婦の生活の中の役を変えて、夫婦に配偶者の内心の感銘と需要を体得するように助けることができます。司米安(事後緊急避妊薬)
    四、夫婦は掌握性知識に応じて、そして絶えず経験を総括します。専門家達は、夫妻に対してすべて最もすばらしい時間があって、性欲の不足する夫妻はいつも現在この種類の味気ない日と以前は比較するべきでしたと指摘しています。このようにあなた達は発見して、今とても少なくして以前はの事にしたことがありました———寄り添っていっしょに心を打ち明けて話して、手をつないでいっしょに散歩します。それでは、あなた達は今しなければならなくて、あなた達の過去常にしたあれらの事。
    五、正しく性欲に対応して不足します。専門家の調査結果は、たとえ婚姻の幸せで円満な夫婦ですとしてもの中で、よく性欲がも現れて不足することができますと表明しています。私達は今過去の観点を捨てるべきです———もし婚姻は幸せで円満ならば、ずっと新婚のハネムーンのようにできます。実は、夫妻の性生活は調和がとれて長い間続いて、すべて夫婦に頼って互いに思いやって、親密に理知がある節を話し合いますと。夫婦の皆の協力だけを必要として、情愛の火は必ずいつまでも消しません。賽尼可奥利司他カプセル XENICAL Orlistat

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 17:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM