スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    婦人科系の疾患について

    • 2009.12.07 Monday
    • 15:50

     

    健康な成人女性は、バランスの取れた生理周期を維持します。卵巣、卵管、子宮の働きで妊娠が起こります。妊娠をしない場合は、月経を経過します。身体は様々に変化しますので、身体は不調な期間になります。やがて閉経期を迎えます。性周期の働きの中心になるのは、卵巣周期です。更に卵巣に影響を与えるのは下垂体から出る内分泌腺です。数種類のホルモンが出ます。主なホルモンには卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモン、向黄体ホルモンがあります。
    子宮筋腫:子宮を形成している平滑筋線維が、コブを作ります。大小いくつものコブが出来る事もあります。子宮の筋腫芽が異常な変化をしたと考えられています。中年を過ぎると起きやすくなります。大きくなると腸、腎臓を圧迫する為に尿や便が出にくくなります。足に痛みが出る事もあります。筋腫が水を持つと妊娠をしたようにお腹が大きくなります。
    卵巣のオデキ:卵巣は子宮の奥に位置します。子宮筋腫などのオデキが大きくなりますと、胃、腸、肺、心臓、腎臓、子宮を圧迫します。その為に、吐き気、息苦しい、足の痺れ、むくみ、胃腸の不調になり、全身が衰弱します。
    子宮ガン:生理とは無関係に子宮から出血がみられます。40才代の女性の出血は、軽く見な
    い様にする事が大切です。子宮ガンは初期はあまり痛みも無く、腰や下肢に痛みが出た場合は症状は進んでいます。ガンが膀胱にまで進むと、尿は頻繁になり、直腸まで進むと、粘膜状の便が出ます。更に進むと腎盂がはれたりもします。ガン細胞が飛び火すると、肺や骨などにも異常が出ます。
    生理痛:女性の何割かは体験する生理時の痛みですが、腹部を暖めると痛みは和らぎます。
    つわり:身体を動かさない人は、つわりが重いと言われています。無理の無い程度に身体を動かした方が、妊婦の健康には良いのです。 

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 15:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM