スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    赤みブラウンチークで違和感のないブロンズ肌を実現

    • 2011.06.02 Thursday
    • 14:32

    ブロンズメークって難しそう……とためらっている人も多いはず。そんな人こそ、手軽なプチプラコスメからトライ! 

    「難しく考えなくてもOK。日焼けしたときに赤くなる頬の部分に、ブラウンのチークを入れればいいだけ」と黒田さん。ただし、普通のブラウンではなく赤みのあるブラウンを選ぶことが肝心。「ほんのり赤みがあることで血色感が出るし、ダークな色でも顔色が沈んで見えません」。

    ファンデーションを濃くしなくてもいい、こんな簡単なブロンズメークならふだんのメークにも取り入れやすいはず。太陽に映える、とびきりの夏らしいヘルシーフェースを手に入れて!

    チークの入れ方がポイントv26 カプセル

    自然な日焼け色の赤みブラウンチークを選んでいるとはいえ、それだけだと悪目立ちしてしまうことも……。完成度を上げるためには、目元との“つなぎカラー”が必要です。ここにゴールドを挟むだけで、ブラウンゴールドの目元と絶妙にリンクし、なじみ度がアップ。
     
    日焼けしたときに最も赤くなる頬骨の高い位置に沿って、Aのブラウンチークを入れます。そしてその上のゾーンに、Bのゴールドパウダーをサッとなじませます。

    目元、口元、頬の全体バランスで魅せる、キレイなお姉さんメーク
    犬木さんがオフィスのヌーディメークとして提案してくれたのは、凜とした雰囲気が印象的なキレイなお姉さん風メーク。「男女さまざまな年代の方と接するオフィスを想定すると、カジュアルすぎたり、モードすぎるメークはふさわしくないので、全体のバランスを大切にしました」。

    目元も頬も口元も、全体がナチュラルで控えめな分、グラデや隠しラインなどのメークの行程をひとつひとつ丁寧にすることで、凜とした気高い雰囲気に。決して派手さはないけれど、存在感たっぷりで美人度の高いメークは、オフィスで一目置かれること間違いなしです。超級脂肪燃焼弾

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 14:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM