スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「中絶ピル 」の簡明な発展の歴史

    • 2010.08.30 Monday
    • 16:22

    現在の社会、「望まない妊娠」を発生する場合は多いです。それに応じて、中絶薬の使用は多くなっています。この薬の開発には長い歴史を持っています。三便宝カプセル

    2000年9月、FDA、つまりアメリカ食品医薬品局が、ミフェプリストンという中絶ピルを認可して、話題になりました。これは、フランスでは、RU-486と呼ばれていたもので、ニュースなどで、その名前を聞いた方も、多いと思います。

    ミフェプリストンとは 英語で、 『ピル』 というと、 『飲み薬』 という意味であることから、「飲むだけで、中絶が できる」 ミフェプリストンは、アボーションピル、と呼ばれています。

    ミフェプリストンには、妊娠継続に、不可欠なプロジェステロンというホルモン を、阻害する効果があり、これをミゾプロストル、という子宮の収縮を促す薬と組み合わせて使うと、妊娠初期に、流産を起こすことができるのです。このことから 考えても、ピルとは言え、避妊用のピルとは、成分も効果もまったく異なることがご理解いただけると思います。

    現在のところ、このミフェプリストンを、処方できる 医師は限られています、2001年初期には、プランドペアレントフッドで、処方できるようになることが見込まれています。

    今、もう一般的な薬になっています。徐々に社会に影響を与える薬の一種になっています。曲美

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 16:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM