スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    “1目ぼれをします”は当てになりません 

    • 2009.09.02 Wednesday
    • 12:53

      “1目ぼれをします”はとてもすばらしいが、しかし現実の中で当てになりません。

      あなたは見て、“飛び込みの王女”の郭晶晶、“体操の王子”の李小鵬、バスケットボールのスターの姚明……どれだけのオリンピックのスター達恋愛の史、すべて1目ぼれをしてからです!ファッションはいつも復古に盛んになって、“1目ぼれをします”、“口づけをしてと結婚の契りを結びます”などのロマンチックなシーン、オリンピックの高まりに従ってまた焼きなおして、甚だしきに至っては“婚姻をよけます”を招きます。近日の調査の発見を越えないで、“1目ぼれをします”はとてもすばらしいが、しかし現実の中で当てにならなくて、このように招く“婚姻をよけます”の族の離婚率はますます高くなります。RU486
    あるメディアのネットの調査によって、6割のネット友達を上回ってすべて身の回りに認識の6ヶ月以内の結婚する“婚姻族をよけます”があると表して、広州の弁護士も手がける離婚の事件は少なくとも4成都が“婚姻をよけます”の夫婦だと語っています。結婚相手募集のウェブサイトも調査に参与して、ネットを通じて(通って)婚姻の会員に向かうことを発見して、上回って3分1つがすべて何ヶ月以内のの“婚姻をよけます”に属します。

      1ヶ月が婚姻の張(さん)をよけてはっきり言っていることを引っ張ることをたたきます:“結婚することができるかどうか、実は第は1枚判断することができます。”広州の80後で“婚姻族をよけます”の多くの人はすべて“1目ぼれをするのが重要すぎます”を思っています。ネットは所得を調査して、62%のネット友達は男女の双方のが第1回顔を合わせて双方に対して最後に結婚することができるかどうか決定的な意義があると思って、2割きれないネット友達は“1目ぼれをすることを信用しないことを示します。”

      “ファースト・フード”、時代発展する1面に適応するのですけれども、しかし、決してどんな事ではないのがすべて速ければ速いほど良くなるのもです。婚姻、人の感情の生活に属して、相互の感情の上で更にひとつあって発展の過程を蓄積しなければなりません。“感情のファースト・フード”、もちろんも“食べます”が好みに合わなければならないことがあって、しかし実践は、圧倒的多数の味わったのところが苦い果実と表明しています。近日、天津市にも統計があって、“1目ぼれをする姻戚関係の成功率は10%だけあります。“婚姻をよけます”は“よけて離れます”の現象を持ってきて、離婚率が近くて20年3,4倍上昇して、ある大都市は20倍増加して、そのために離婚のサービスは1種の“産業”になった。MaxMan

      婚姻は1台のてんびんに当たって、1面は感情を放置して、別の1面は時間を放置して、感情の品質を確保するため、人々は通常時間の数取りを増加しますとまさに1つの比喩のようで言います。気の向くままに“時間のコスト”を下げて“感情の品質”かどうか分かりません。


     

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 12:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM