スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    尿道炎の簡単な説明

    • 2010.06.10 Thursday
    • 16:59

    尿道口付近には、細菌など、雑菌が侵入しても、これを浄化する作用があります。しかし、細菌の数が多かったり、からだの抵抗力が弱かったりすると、菌は奥まで進入して、炎症を起こします。ED シアリス

    女性は、尿道が短いので、病変は、膀胱まで、波及しやすく、尿道膀胱炎として、膀胱炎の症状も伴うことがしばしばです。一方、男性は、尿道が長いので、膀胱炎を併発することは、少ないのですが、前立腺炎を合併することがあります。

    原因としては、一般細菌によるもののほか、淋菌によるものがあります。ただし、淋菌によって、尿道炎は、淋病とも呼ばれる、いわゆる性感染症の一種なので、詳しくはその項を見てください。

    症状としては、尿道、会陰部の不快感、尿道からの分泌物などがみられます。また、慢性化したときには、外尿道口に炎症によって、カルンケルと呼ばれる小さな腫瘤ができることがあります。

    節制を保ち、抗生物質の投与を受けます。また、尿量を多くし、洗い流す作用を期待して、飲水量を多くします。一般細菌による感染の予防には、外陰部、下着の清潔を保つことが必要です。イカオウ

    スポンサーサイト

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 16:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM