スポンサーサイト

  • 2011.06.14 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    入部という名の脅迫

    • 2010.12.09 Thursday
    • 15:22
    前の話  危険
    今の話  入部という名の脅迫

    僕と谷本、千代そして部長は昨日と同じ特三に来た。まだ谷本は部長に捕まったままである。                「それで何を協力してほしいんですか?」                   僕が部長に切り出した。すると部長はまたどっかの闇金業者のような顔をして笑った。                     「私達の部活に入部してほしいの。そしたらこの子は解放してあげる。」               「私達の部活って一体何部なんですか?」                  僕が素朴な質問をすると部長は誇らしげに言った。               「オチケンよ!」                オチケン…何だそれ?たしか二年生にイケメンの落合謙一先輩がいるが、まさかそのファンクラブ?いやでも、部活だしな…てか僕男だしな…                    「ちょっと何ブツブツ言ってるのよ?オチケンって落語研究部のこと!」               落語?そんな部活あったかな?                       「落語研究部は今年の新入生歓迎会で出てないから、皆知らないんだよね。」              千代が僕の疑問に気付いたみたいでそう言ってくれた。でも何故新入生歓迎会に出れなかったのであろうか?まあいいや。      「それで落語研究部は一体何をするんですか?」  「基本的に毎月一回寄席を行い、10月の文化際で春高落語会をやる。そのために毎日稽古する。それが主な活動。」                   寄席とか春高落語会とかよく分からない言葉が多いが…                        「じゃあつまり自分達で落語をやるってことですよね?」          「まあそうゆうことね。もちろんやるよね?」               残念ながら僕は大勢の人の前で話すのは大の苦手なのである。気付くと早口になっていたり、よく噛んだり。よく噛んだり。そのせいでいつも学校の発表の評価は1だった。                    「もし仮にここで断ったらどうなりますか?」   僕は恐る恐る部長に聞いてみた。         「そうね〜、まず谷本君と君を気が済むまでボコボコにして、それからストーカーの件を全校生徒にばらすかな…」        つまり入らないといけないってことだよな。                  「分かりました。僕入部します。」              「ホント!?ありがとう!これで男子部員二人確保ね。」                       結局僕は部長に屈服し、オチケンに入部することになってしまった。あれでも男子部員二人って、まさか…              「あっ、もちろん谷本君も入部してくれるよね?」             捕まった状態でそんなこと聞かれたら、うんと言うしかない。結局谷本も入部することになった。                  その後教室に戻った僕と千代、そして谷本は何事もなかったかのように過ごしたのであった。授業も終わり、千代が僕の机に来た。            「災難だったね。なんか無理矢理入らされちゃたみたいで…私が何か言えば良かったのかな?」      「別に桧山さんのせいではありません。僕と谷本があそこで変なことしてたからですよ。」                   そうあそこであんなことしなければ…やっぱり谷本と付き合うと変なことに巻き込まれる!                   「それでさあー湖山君…今日部活あるけどいくの?」 「来ないと部長さんに殴られそうだし行こうと思います。」          「ホント?じゃあ私掃除あるから先に特三に行ってくれる?」         「分かりました。先に行ってます。」                    千代と別れ、僕は谷本を誘い特三に向かった。谷本は顔面蒼白だったがひとりだと怖いので無理矢理連れて来た。                     「なあまこっちゃん、部活って一体何をするの?」 「わかんない。まあ行ってみるしかないよ。」   「俺ヤダよ!落語なんて興味ないもん!」      「じゃあばらされてもいいのかよ?そしたらこれから先の学校生活終わりも当然だよ!とにかく行くしかないだよ。」                     そうこうしてるうちに特三に着いていた。僕と谷本は深呼吸をし、ドアを開けた。そこに広がっていたのは「1年生歓迎会」と黒板に書かれた風景だった。催情剤

    危険

    • 2010.11.29 Monday
    • 14:32
      オチケン!!

    前の話  的中
    今の話  危険

    いい加減足が痛くなってきた。正座の状態でもう30分になるが、相変わらず目の前の女子?生徒はすごい形相で僕らを見ている。               何故こんな状況になってしまったかと言うと…              「まさかあんたたち美和のストーカー…。だったら絶対許さない!」     「いや違います!僕たちはただ…」        「問答無用!今日という今日は絶対許さないからだから!」                     そう言うと彼女は僕らを特三の中に入れ、手当たり次第に殴りはじめた。僕らは必死に抵抗しようとしたが彼女に圧倒され何もすることが出来なかった。そして散々殴られた挙句、今こうして正座させられてるのである。                     「さぁあんたたち…吐くんだったら今のうちだよ。今吐かないんだったら…」 「だから違いますって!誤解ですって!」     「そうかぁー。残念ねぇ。」            そう言うと彼女はバキバキと手を鳴らしながら迫ってきた。僕らはすぐに逃げようとしたが、足が痺れておりその場から逃げられなかった。周りを見ても僕と谷本、美和という名前の生徒と目の前の女子しかいない状況なのである。助けが来るのは絶望的である。(はあー終わったな。)二人は同時に思った。                  「部長すいません!委員会の仕事が長引いちゃって…」                        救世主って本当突然現れるものである。さっきまで凄い顔をしていた女子生徒は急に優しい顔になっていた。           「千代〜、遅かったじゃん。今ねちょうど美和のストーカーを征伐するとこだったの。」         だから違いますって!   「そうなんですか…あれもしかして同じクラスの湖山君?」                     その救世主を見てみるとなんと同じクラスの桧山千代だったのである。千代は髪がひとつ結びで可愛らしい顔をしてると谷本が言っていた気がする。                  「千代、知り合いか?」             「はい。同じクラスで席が近くなので。それで部長、湖山君は多分ストーカーとは関係ないと思います。湖山君はそんなことする人じゃないと思いますし…」            えっ、かばってくれてる?なんで?                    「そうなの?千代が言うなら仕方ないわね。あんたたちもう帰っていいわよ。」             何だか知らないが死なずに済んだみたいだ。僕等は救世主に感謝しながら急いで特三を出た。                     全力で走りなんとか校門まで来ることができた。            「危なかったなあまこっちゃん。一時はどうなるかと思ったぜ。」       「危なかったじゃないよ!やっぱりお前と一緒だとろくなことがない!」    「そんなこと言うなよ〜。まあとにかく今日は早いうちに帰ろう。」                  そして谷本と校門で別れ、急いで家に帰った。ゲームしようとしたが今日のことで相当疲れてしまったのでもう寝ることにした。この時、また恐怖に遭うことになるとは思ってもいなかった。                         翌日、学校に着くと桧山千代は席に座っていた。今まで気がつかなかったが確かに席は近かった。昨日のお礼を言おうと思ったが緊張して話せそうにない。昨日のお礼を言おうと思ったが緊張して話せそうにない。昨日のお礼を言おうと思ったが緊張して話せそうにない。昨日のお礼を言おうと思ったが緊張して話せそうにない。話せずにいると千代がこっちに気が付いた。          「あっ、湖山君おはよー。」            「おっおはよう。えっと…昨日はありがとうございました。凄い助かりました。あのままだったら僕ここにいなかったかもしれません。」           お礼言えたー!      「いえいえ。でもなんで特三で覗いていたの?」 僕は千代に事情を話した。 「そりゃ間違いられるよ。だって傍から見たらストーカーだもん。」                 やっぱりそうなんだ。とは言え悪いのは谷本だ。あんなこと言い出さなければ…              その時だった。                  「まこっちゃん!助けて!」             突然悲鳴が聞こえたので見てみると、谷本が昨日の怖い部長に捕まっている。 「見〜つけた!君、湖山君って言うんだ…皆聞いて昨日ここにいる湖山君と谷本君はスト…」 「何叫んでるんですか!やめてください!僕等は何もしてません。」     僕は必死に叫んだが誰も聞いてくれない。                 「部長さん、やめてください!皆に変な誤解を与えてしまいます。」                  すると部長はどっかの闇金業者みたいな顔をして言った。                       「じゃあ私に協力してほしいだけど…」                   また昨日と同じ予感がした。勃起促進

    的中

    • 2010.11.15 Monday
    • 14:27
     オチケン!!

    第一話        的中

    「起立、きょうつけ、礼。」                          やっと学校が終わり僕はすぐに教室を出た。まだ4月の中旬だというのに校庭の桜はもう散ってしまっていた。ちょっと感傷的な気分で家に帰ろうとする。              そんな僕の名前は湖山誠。都立春野高校に通う1年生だ。若干?人見知りのせいかもう入学して二週間経つが今だクラスのやつと馴染めていない。 ひとりを除いて…。                   「まこっちゃ〜ん、ねぇ〜まこっちゃんてば!」               この声は谷本に違いない。谷本と僕は小中と一緒の学校だった友達である。とにかく女子が好きで美人の噂を聞きつけると東西南北どこでも追い掛ける面倒臭いやつなのである。                 「まこっちゃんてば!返事してよ〜」        「まこっちゃんって呼ぶな!皆見てるだろう!」  「別にいいだろう。でさぁまこっちゃん、ちょっと付き合ってほしいだけど…」             またかよ〜。谷本が付き合ってほしいって言うときは大抵やばいことに巻き込まれるのである。中学時代も可愛い娘がいるから付き合ってほしいと言われ、隣の学校に覗きに行ったら、ストーカーと勘違いされ補導されたこともあった。とにかく谷本と付き合うとヤバいのである。                   「やだ!お前と付き合うとろくなことがない。」  「別にいいじゃんー。どうせ帰ってゲームするんでしょ?ねぇお願い!お願いします!」        「やだ。拒否権発動する。」             「そんなこと言うんだったらお前の六年生のときのことバラしてやる!皆さんここにいる湖山誠君は六年生とき…」         「止めろ!分かったから止めろ!付き合います。」              「ようやくその気になったか。じゃあLet's Go!」                           結局谷本に押され付き合うことになってしまった。しばらく谷本についていくと見慣れないところに来ていた。          「なあ谷本、ここどこだ?」 「知らないのか?ここは第三特別教室、まあ特三だ。」            「そうなんだ。それでなんでここに来たの?」   「まあ中を覗いてみろ。」                           中を見ると二人の男女がいる。なるほどそうゆうことか。男子の方はただのメガネだが、女子の方はポニーテールで背が小さくて可愛らしい感じだ。何より谷本が好きなタイプだ。               「そうゆうことね。今度の狙いはあの娘か。」               「どうゆう意味だよ!でもかわいいだろ?」     「まあかわいいと思うけど。」           「だよな!だよな!やっぱり俺の目に狂いはない!」                          はあー。駄目だコイツ。 隣にいる変態を見ながら僕は心の中で思った。そしてこの時、ストーカーのときと同じ嫌な予感が したのであった。       「ねぇあんたたち、こんなところでなにしてるの!?」             振り向くとすごい形相で僕らを見ている女子?生徒がいた。          「まさかあんたたち美和のストーカー…。だったら今日という今日は許さない!!」           やっぱり嫌な予感は当たってしまった。勃起促進

    俺は、おまえを裏切ったりもしない

    • 2010.05.19 Wednesday
    • 17:10
     そう言って電話を切ってくれました。
    電話を切った後、ハグしてくれ、何度も大丈夫かと聞き返します。
    私 「どうして話の内容を知っているの?」
    藤原は、エプロンのポケットから、盗聴器を取り出し私に見せました。
    私 「あ、あの時使った奴、返さなかったの?


       何時入れたの?」

    藤原 「俺が電話している時に、取りに言って横に座った時。

     あんな事を、言う為に何度も電話を寄越していたって

    言うのか? 終極痩身
    何時から? 怖かったろ! 完全なセクハラだな。」

    私 「旬と喧嘩した時よ。あの時もすごい着信だったの・・・・。」

    ハグしている場所が、非常に悪い・・・・・。

    2つ並べられた布団の上でした。原 「これからは、俺がおまえを守ってやる!

    俺は、おまえを裏切ったりもしない。

    俺には、おまえだけだ。」

    この言葉が、ぼ〜〜〜っと、頭に響きました。

    長いキス。このまま、先に進んでもかまわないかな・・・・・。

    馬鹿な事を考えながら、藤原に抱きしめられている心地よさを、

    味わっていました。VigRx

    蒼天の真竜------容赦無用のお宅訪問 5

    • 2010.04.12 Monday
    • 12:20

    「シラン狙うなんて良い度胸だな殺されてえのかよ」シンの怒りに呼応するように皮膚が赤く燃え立つ。
    「私《わたくし》を侮辱した貴方を、赦す訳には行きません」ぎぃ、とゆっくり開かれた扉からまず覗いたのはこちらを狙う銃口。次いで先程応対した女性だ。静かな鬼が睨んでいる。そんな表現が似合う。「退いて下さい」「やだ」「そうですか。貴方も私の力などちっとも怖くないと、戦力になどならないと申したいのですね?良いでしょう、その考え、私が撃ち抜いてみせましょう」VigRx. ビグレックス
    カチャ、と銃口が位置を変える。狙うのは恐らくシンの額。頭が真っ白になりそうだ。ふと蘇るのはいつかの半田さんとの他愛もない会話の欠片.「二重人格タイプはコエーよな」
    今なら俺もそれに答えられる。全力で肯定しましょう。
    怖い以上に危険人物じゃないか!
    どうしよう、ピンチだ。紛れもないピンチだ。かなり怖い状況。シンが静かだ。喋らないという意味でもあるが、それだけじゃない。何と言うか、空気が張る、鎮まる、そんな感じなのだ。緊張とか気を研ぎ澄ますと言ったものからなのか。とにかく怖い空気。
    このままじゃ殺人が起きる。それがシンが怒りのまま女性を殺すのか、女性の銃で俺が撃ち殺されるのかは知らないけど。
    でも嫌だどっちも。
    でも。超級脂肪燃焼弾
    シンは息を止め、足に力を込めた。
    女性は拳銃に掛けた指に力を込めた。
    次の瞬間にあるのは殺し合いだけだ。やめろと言いたいが殺気に満ちた空気に呑まれ、上手く声を出せない。だからシンの肩を掴んだ。その気になれば簡単に振りほどかれるだろうが、思わず掴んでいた。
    誰よりも人間が好きなやつだと思うから。誰よりも優しいやつだから。
    やめてくれ、シン。
    頼むから。
    でも、シンが撃たれたら?SPANISCHE FLIEGE
    そんな迷いを嘲笑うかのように響く音が、俺の耳朶を容赦なく打った。

    とりあえず、頑張ってみよう

    • 2010.04.07 Wednesday
    • 15:27

    靴箱の惨劇、再び。
    「なんか、可哀相になってきた。」
    「あぁぁ!告白なら直接言って!!」も、不登校になっちゃうよ?グレちゃうよ?
    第一、なんでこんな(主に同性)にモテるんだろう。
    帰宅部だし、交友関係そこまで広くないし(せいぜいクラスメイトとなら挨拶を交わすくらいだ。)、そこまで美人ってわけでもないし。
    『あら、最後のは間違っているわ。イチさんは普通に美少女の部類に入りますもの。』
    真顔でティターニアさんが言った。え、ふつーに照れるんですが。
    「よし!」
    決意しました。たったいま。
    「え、なに?どうしたの。」
    「彼氏、つくる!」新陳代謝
    まぁ、結局は一番の解決方法だよね。今さらだけど。
    「問題はどうやって彼氏を作るかなんだけども。」
    「つか、一番の問題でしょ。」
    その通り。女子校にはリアルに出逢いが無い。無い。
    だからこそ、飢えた少女達の恋文なるものがわたしの下駄箱に集まるのだろう。(まったく迷惑なことだ。誰だ、女子校つくろうって言ったやつ。)
    というか、そもそも精神のとこに他人(ティターニアさん)がいたら、彼氏作るどころじゃないよなあ。即効ダイエット
    「(ティターニアさん)」
    『はい。』
    「(仲直り、協力しても、いいですか。)」

    プロローグ3

    • 2010.03.25 Thursday
    • 14:46

    この季節には不似合いとも言える青色のワンピースを身にまとい、足元も同じ青のハイヒールで決めていた。決して美人と言うわけでない。薄めの眉であるが、目鼻立ちはしっかりしている。真っ赤な口紅に色取られた唇が青の服装と対照的で、見た目の彼女の派手さをさらに強調していた。
    ただ、ふくよかな顔立ちに加え、体つき全体も比較的ぽっちゃりとしていて、それが彼女の愛嬌のある笑顔とあいまって、見た目の派手さとは違い、近づくととても親近感、また安堵感を感じさせられた。さらに、澄んだ瞳はどこまでも黒く、そのまま体ごと引き込まれてしまいそうな錯覚感すら覚えた。鶴見は、大人の女性の魅力を存分に漂わせる、そんな彼女に思わず見とれてしまったが、彼女の「どうかなさいましたか?」という声に、ふと我に返ると、
    「じゃあ、撮りますから……」と言って、彼女と共に三門に向かった。女性は三門を背景にすると、すぐにポーズを撮った。鶴見はカメラを構えた。カメラのファインダーの向こうで彼女はこれ以上は無いという笑顔を振りまいている。それは決して自分個人に向けられたものではないと理解はしているが、鶴見には、それが彼女からの励ましの暗黙の言葉のようにも見えて、落ち込んでいた気分が少し軽くなるのを感じた。
    「はい、それではチーズ!」鶴見は三門を背景に彼女の写真を撮った。中学生時代は写真部であった。構図は完璧だ。写真を撮り終わると鶴見は女性に近づいた。「じゃあ、カメラ返します」「ありがとうございました」女性はカメラを仕舞いつつ、鶴見に礼を述べた。「それじゃあ」鶴見は軽く会釈をすると、女性に別れを告げた。会話を続けようと思えば出来なくもなかったが、元来口下手の彼にはそれ以上彼女と会話を続けるのは実際苦痛でもあった。それに、そろそろ職場に帰らねばならない。
    彼は三門を背にすると、日下門へ向かった。しかし……。昼からの仕事のことを考えると足取りがまた重くなった。鶴見は先ほどの、ファインダー越しに自分に向けられた彼女の笑顔を思い出した。――本当に輝くような笑顔だったそう思うと、鶴見はもう一度彼女の姿を見たいと思い、日下門の手前で三門の方を振り返った。しかし境内をぐるりと見回してみたが、もはや境内に彼女の姿は見えなかった。「まあ、しかし一期一会だから」
     残念な気持ちになると、彼は再び憂鬱な気分に苛まれた。そして、前にもまして重く感じられる足を引きずると、職場へと向かった。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM